どうでもいい。

思ったこと感じたこと文字に起こしたいことを気ままに適当に書きます。

ぷらすまいなす まいなす からの ぜろ

2017年年も上半期終わって、7月になりましたな。

あっと言う間に一年が過ぎてゆく…ふわっと振り返っても、いろんなことがあったなあ。

1年くらい付き合っていた恋人と別れたり、新しくボランティアに参加したり、大好きな2人と物理的な距離があいてしまったり。

寂しいことや自分の調子がどん底かって位落ちたりすることが多かったけれど、少し、進歩のようなものもありました。

 

先月、6月に、衝動的に地元へ戻り、2年間ほど触れてこなかった「実家」へ行ってきました。

 

電車にも1人でまともに乗れない、人ごみに吐き気がする、大きな音や人が怖い、日に当たるとすぐ疲弊してしまう。

自分にとってまともとはとても言えないそんな状況に嫌気がさして、それとはまた別件ですごく嫌な事もあり、変なスイッチが入ってしまった。なにかひとつでも出来る(出来た)と思えることが今すぐに欲しかった。

そしたら、実家に行ってみよう、と思った。

メンタルの調子的にまだ私には早いなって頭のどこかで思っていたけれど、丁度(?)実家が解散するかしないかごたごたしていたのでこの機会に両親と話がしてみたかった。

他人から、実家帰ったら?とか両親ともっとちゃんと話したら?といわれるのが何より嫌いだったのだけど(今でも苦手だけど)、自分から少しでもそんな気持ちになれたのは、ハイとは言えど良かったかなあと今は思っている。

 

結果的に地元へ行ったことは私にとって±0という感じ。

両親と、主に父と話したことは、私の抱いていた淡い期待を根っこからぶち壊すような最低なものだったけど、考え方によってはもう私は関与しなくて良さそうっぽいので、その時はすごく悲しくて寂しかったけれどこれでよかったのかな、と落ち着いてる。

 

そういうことがあっても落ち込みすぎなかったのは、実家に行く予定以外に安心できる場所と人を確保して詰め込んだ私GJというか、ね、それはマジで自画自賛したい。

甘やかしてくれる人がいて良かった…遊んでくれて慰めてくれた人に感謝の気持ちでいっぱい。

いつもそっとしておいてくれる人、お話聴いてくれる人、ありがとうございます。とっても助かってます。

 

やっとお休みすることだけに専念できるのかな、8月・9月頃にはまた動き出せるといいかなあと、ゆるい期待と予定。

お金、自分で稼げるようになったらきっとまた自信が持てそうだなあ。

 

自分を大切にしながら下半期もゆるゆるとがんばりたい所存。